≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2011年3月11日

今回の地震でお亡くなりになった方々、大切な家族を亡くされた方々に心からお悔やみを申し上げます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


地震発生当時、私はビルの四階にある本屋にいました。めまいに似た揺れを感じ、近くの柱に手をかけて揺れが治まるのを待っていました。実は3月9日の三陸沖地震の時にも、数分遅れてめまいのような揺れを感じたのですが、その揺れ方がひどく気持ちが悪くて、ずっと嫌な感覚として頭の隅に残っていたのです。揺れは治まらずどんどん大きくなり、棚から本がパラパラと落ち始めました。その時点でエスカレーターはまだ動いていましたが、非常階段から下の階に降りるつもりでした。

かなり揺れましたが、過去にテレビで見た大震災の映像のように、物が飛んでくるような事はありませんでしたし、書店の中がさして混雑していなかったせいか、まわりの人も取り乱す事もなく淡々としていました。そばにいた女性数人と非常階段に向かうと、店員が「こちらからは降りられません。連絡通路を渡って本館の方の非常階段からなら出られるかも知れません」と説明しています。説明しながらも、どうやらビル管理から何らかの指示を待っている様子です。本館と別館をつなぐ連絡通路って、四階の下は道路です。構造的には地震が来そうな時にはビルの中では一番避けたい場所。

でもその時は揺れも治まっていましたし、とにかく、一人残してきたタピオが心配で一刻も早く帰りたかったのです。連絡通路の窓からみえた私鉄は駅の手前で止まっていました。本館の非常階段に行くと、その入り口はロックされていました。インターカムをつけた店員が「このビルは耐震構造ですし、ここはビルの上階ですから、いま外に出るよりここにとどまった方が安全です」という説明でした。しだいに非常階段の入り口には人が集まってきました。本館に入っている電気店でテレビを見ていたという人は、何十万もするテレビがバタバタと倒れてきた、と話していました。話だけでは大きな揺れのように思えますが、一般家庭のように地震に備えて固定していれば起きなかった事だと思います。

非常階段のロックが解錠されるまでわずか数分でしたが、ひどく長く感じました。ガスや電気が止まっている可能性もあるので火を通さずにすむ夕食の食材を手早く買い込み、大急ぎでバスに乗り込みました。駅はすでに人でごった返し、やはり電車が止まっているという話し声が聞こえましたし、公衆電話の前には列ができていました。

家に着くと、タピオのいつものお帰りなさいの挨拶があり、普段なら荷物を片づけるまで目を合わせないのですが、どこか怪我をしていないか、チェックしました。大丈夫でした!

一階ではリビングの花瓶が2つ割れていて、タピオの水飲みボールの水がこぼれていました。二階では多少物が動いていたり本が数冊書棚から落ちていたりしましたが、壊れている物はありませんでした。おそらく電話は使わない方が良いと判断し家族にメールで安否を確かめました。一番心配なのは千葉の千倉で一人暮らしをしている親戚です。でも、私が送ったメールは翌日にならないと家族の元には届きませんでしたし、千倉の親戚が無事だと知ったのは翌日お昼過ぎでした。胸をなで下ろす間もなく、テレビから流れてくる津波の映像、広範囲に広がる火事、みるみるうちに増えていく行方不明者の数に、ただ言葉を失います。


今なお行方が分からない方々、家族やペットたちと離ればなれになってしまった方々が一日も早くご無事でお戻りになりますよう、心からお祈り申し上げます。

そして、どうか、もうこれ以上の命が失われませんように…。
web拍手

| お知らせ | 19:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

4才の誕生日

世間には
「ずいぶん過ごしやすくなりましたね」とか
「メリークリスマス」とか、はたまた「明けましておめでとう」、
「ハッピー・バレンタインズデー!!」とか、いろいろ
挨拶の言葉がありますが、それらすべてをいきなりすっ飛ばして(汗)

タピオ、お誕生日おめでとう!


2011031001.jpg



みなさま、大変ご無沙汰いたしております m(_ _)m。
あまり久しぶりでどのパスワードを使っていたかさえ、すぐには思い出せず、システムから
「十分間で5回もパスワード間違えたから入れてあげない。少し頭を冷やしてから出直してちょ!(意訳)」とはねられてしまいましたよ。

2011031008.jpg


おかげさまで、タピオは相変わらずご機嫌に過ごしております。
フィラリアのお薬投与後に見られる体調不良も、もう何ヶ月も起きていません。

実は、今月はお誕生日月だと知りつつ、うっかりして10日ほど前に通年投与のフィラリアのお薬を飲ませてしまいました。投与後に体調を崩すとすれば、タピオの場合はたいてい一週間から十日後。ですからその間はできるだけ普段と同じ食事、同じ生活を心がけているのです。

2011031006.jpg



そうです、ケーキなんて、とんでもないのです!!


でもね、やっぱり形だけでもローソク立ててお祝いしてあげたくて、カップケーキを焼きました。お砂糖はしっかり控えて、上にはクラッシュラズベリーを混ぜ込んだヨーグルトをかけました。そして久しぶりに焼いたワンコクッキーも添えました。

2011031018.jpg

今年は、「OK」のフライングもなくしっかり待つ事ができました。

去年より、一年分だけお兄さんになった感じ(と書いたところでサイドバーの「人間で換算すればーー」を読んでびっくり、31才ですってよ!もう、お兄さんどころか…)?!



web拍手

| ハハのひとりごと | 16:45 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

きな子は警察犬になりたかったのか?

最近、目にするたびにゾッとする映画の予告編があります。
それは8月14日に全国公開される『きな子~見習い警察犬の物語~』
予告編の冒頭部分できな子が障害物を越えられなくて
顔面から落ちるんです。
解説では、見事な「顔面着地」を見せたことで一躍時の犬に、
と書かれていますが、正直、痛々しいです。

解説の中の言葉尻を一つ一つ捉えるつもりはありません。
でも、
きな子警察犬になるのを諦めなかったのですか?
きな子は、警察犬になるためにひたむきに頑張ったのでしょうか?
そもそも、きな子は警察犬を目指していたのでしょうか?

<体が弱くて警察犬になれない>と訓練所の所長が判断したきな子を
なぜ警察犬にする必要があるのでしょうか? 
体が弱いというのは、警察犬に向いている、向いていない、という
適性以前の問題ですよね。
訓練士を目指す18才の女の子が、頑張って何とかする問題では
ないのではないでしょうか?
なぜ、まわりの大人はその子にそれを教えなかったのでしょうか?
なぜ、きな子に穏やかな一生を過ごさせる、という道を
選ばなかったのでしょうか?

きな子がひたむきに頑張ったのは、夢をかなえるためでも
警察犬になりたかったからでもなく、
ただ大好きな人の指示だったからだと私は思います。

ワンコの擬人化とご都合主義的な解釈、ひどすぎます!!!
愛も感動もヘッタクレもありません。

タピオ
「今日のハハは辛口で済みませんm(_ _)m。
このままだと更にヒートアップしますので、ボクが止めました。
でも、気持ちは分かってやって下さい」
web拍手

| ハハのひとりごと | 11:48 | comments:15 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ピカッ、ゴロゴロとヒューッ、ドン

ただいま地下に潜って活動中の私ですが(違うか?!、爆)、潜水艦だって
潜りっぱなしというわけではなく浮上して行動する事もあるのですもの、
私だって、とちょっと出て参りました。

2010052205.jpg


厳しい暑さに、雷、そして花火、夏はワンコにとって過ごしやすい季節
とは言えませんね。特に花火や雷が苦手というワンコは多く、
去年まではまったく平気だったのに今年になってから急に苦手になり、
突然震えたり、落ちつかなげにパンティングをするようになった
という話も聞きます。

今月の12日、13日とTタッチのワークショップに参加してきました。

Tタッチの手技のひとつにボディ・ラップというものがあります。
バンデージを動物の体に巻いて自分の体への感覚を高めさせると
いうものです。
この手技はワンコにも有効で、これによって、犬に落ち着きを与えたり、
自信をつけさせるだけでなく、怪我をした犬の快復を早めたり、
関節の硬くなった老犬にも効果があるようです。
そして、大きな音を怖がる犬やパニックを起こしやすい犬には
特に効果があるようです。
(『犬にTTouch ーー
  行動・健康・パフォーマンスに影響を与えるやさしいアプローチ』
  リンダ・テリントン・ジョーンズ著、山崎恵子監訳、石綿美香翻訳、
  2005年、アニマル・メディア社発行 より)

このボディ・ラップの進化形とでも言えるものがサンダーシャツです。
(検索してもヒットしにくかったのでリンクを貼っておきますが、
 アフィリエイトではありません)

車やお留守番、来客に慣らすのは、適切なやり方で時間をかければ
何とかなりそうですが、花火や雷といった大きな刺激に慣らすのは
なかなか大変だと思います。
花火や雷の音に驚いて網戸を破って家を飛び出したまま迷子になったと
いう話や、係留ロープを引きちぎって走っていったまま戻って
来ないという話も聞きます。

実際、恐怖で大きく目を見開き体を硬くして荒く息をしているコや、
安全な場所を求めて家の中をウロウロしているコに、
私たち人間がしてあげられる事はそう多くはありません。
サンダーシャツを使って雷の時も落ち着いていられるようになった
というフィードバックもあるようですから、選択肢のひとつとして
考えてみてもいいかもしれません。

ただし、「サンダーシャツを着させられた時は、嫌な事
(雷、花火、来客)が起きる」といった、嫌な事の前兆として
サンダーシャツを関連づけないように注意する必要はあります。
(ああ、釈迦に説法とはこの事ですね。ここを訪ねて下さっている方は
 皆さん熟知していらっしゃいますよね~)

Tタッチの事務局の他にもSKY☆DOGさんでも取り扱っています。
(こちらも、アフィリエイトではありましぇん)
ちなみにこちらではオリジナルサービスとして名前を
刺繍して下さるようですよ。

2010052209.jpg


タピオの場合、今のところ雷も花火もまったく大丈夫なのですが、
先日、遠くで花火の音がした時に恐怖からというより不審に思ったようで
少し吠えていました。
それぐらいですので今のところ、購入予定はありません。

あ~、でも私は雷が大嫌いです(爆)。
ですから、ピカッ、ゴロゴロで落ち着かなくなる気持ち、
とぉってもよく分かります。
人間用のサンダーシャツがあったら、多分買います!

2010052208.jpg



web拍手

| からだ・健康・病気 | 00:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

心折れて…。

前の記事からずいぶん時間が経ってしまいました。

フィラリアの記事を書いては消し、書いては消し…。
ハハたるもの、これ位で心折れてはいけないと思うのです、
そう思うのですけれどね…。

そうこうするうちに、騙し騙し使っていた iBook まで
暴走し始めたので買い換えました。

あまり難しく考えずに、サクッと書く事にします。
もう少しお待ちくださいね。
web拍手

| ハハのひとりごと | 09:17 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。