2010年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ピカッ、ゴロゴロとヒューッ、ドン

ただいま地下に潜って活動中の私ですが(違うか?!、爆)、潜水艦だって
潜りっぱなしというわけではなく浮上して行動する事もあるのですもの、
私だって、とちょっと出て参りました。

2010052205.jpg


厳しい暑さに、雷、そして花火、夏はワンコにとって過ごしやすい季節
とは言えませんね。特に花火や雷が苦手というワンコは多く、
去年まではまったく平気だったのに今年になってから急に苦手になり、
突然震えたり、落ちつかなげにパンティングをするようになった
という話も聞きます。

今月の12日、13日とTタッチのワークショップに参加してきました。

Tタッチの手技のひとつにボディ・ラップというものがあります。
バンデージを動物の体に巻いて自分の体への感覚を高めさせると
いうものです。
この手技はワンコにも有効で、これによって、犬に落ち着きを与えたり、
自信をつけさせるだけでなく、怪我をした犬の快復を早めたり、
関節の硬くなった老犬にも効果があるようです。
そして、大きな音を怖がる犬やパニックを起こしやすい犬には
特に効果があるようです。
(『犬にTTouch ーー
  行動・健康・パフォーマンスに影響を与えるやさしいアプローチ』
  リンダ・テリントン・ジョーンズ著、山崎恵子監訳、石綿美香翻訳、
  2005年、アニマル・メディア社発行 より)

このボディ・ラップの進化形とでも言えるものがサンダーシャツです。
(検索してもヒットしにくかったのでリンクを貼っておきますが、
 アフィリエイトではありません)

車やお留守番、来客に慣らすのは、適切なやり方で時間をかければ
何とかなりそうですが、花火や雷といった大きな刺激に慣らすのは
なかなか大変だと思います。
花火や雷の音に驚いて網戸を破って家を飛び出したまま迷子になったと
いう話や、係留ロープを引きちぎって走っていったまま戻って
来ないという話も聞きます。

実際、恐怖で大きく目を見開き体を硬くして荒く息をしているコや、
安全な場所を求めて家の中をウロウロしているコに、
私たち人間がしてあげられる事はそう多くはありません。
サンダーシャツを使って雷の時も落ち着いていられるようになった
というフィードバックもあるようですから、選択肢のひとつとして
考えてみてもいいかもしれません。

ただし、「サンダーシャツを着させられた時は、嫌な事
(雷、花火、来客)が起きる」といった、嫌な事の前兆として
サンダーシャツを関連づけないように注意する必要はあります。
(ああ、釈迦に説法とはこの事ですね。ここを訪ねて下さっている方は
 皆さん熟知していらっしゃいますよね~)

Tタッチの事務局の他にもSKY☆DOGさんでも取り扱っています。
(こちらも、アフィリエイトではありましぇん)
ちなみにこちらではオリジナルサービスとして名前を
刺繍して下さるようですよ。

2010052209.jpg


タピオの場合、今のところ雷も花火もまったく大丈夫なのですが、
先日、遠くで花火の音がした時に恐怖からというより不審に思ったようで
少し吠えていました。
それぐらいですので今のところ、購入予定はありません。

あ~、でも私は雷が大嫌いです(爆)。
ですから、ピカッ、ゴロゴロで落ち着かなくなる気持ち、
とぉってもよく分かります。
人間用のサンダーシャツがあったら、多分買います!

2010052208.jpg



スポンサーサイト
web拍手

| からだ・健康・病気 | 00:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。